COLUMN

JAZZのCDをいくつか作って感じることだが。
二人構成(Duo)というのは一見簡単そうだがとても難しいものだ。
少ないミュージシャンで構成するのは音量の豊富さやバリエーションで
苦労するところだが、逆に演奏者の個性や技量や熱さなどがぶつかり合ったり、訴えてみたりで相当聞き応えがあるのである。
今回、このCDを製作するにあたって、二人の女子のそれぞれのバンド活動ではなかなか見る事の出来ない部分を多く発見することになるのである。
この二人の女子力は恐るべしというところであろう。


公式写真になりました。